公共交通機関をチェック

駅やバス停にアクセスしやすいところを選ぶ

自動車やバイクを使用しないのであれば、公共交通機関が主な移動手段となるでしょう。賃貸を選ぶ際には、公共交通機関が利用しやすいところを選んだ方が良いです。基本的には、バス停あるいは駅からすぐ近くのところを選び、徒歩や自転車での移動時間が短く済むことが望ましいです。特に通勤や通学で毎日交通機関を利用する場合、駅やバス停が遠ければ、心身共に大きな負担となってしまいます。 そして、距離の近さだけでなく、本当に駅またはバス停にアクセスしやすいのかを確認しましょう。賃貸情報では、駅やバス停から徒歩で何分かかるかが記載されていますが、それはあくまでも単純な距離計算です。その中には坂道が含まれていません。そのため、思っていたより負担が大きく時間がかかるということはよくあるので、契約を考えている賃貸から、実際に駅やバス停に向かって歩いてみた方が良いです。

交通機関の時間帯や本数も確認

公共交通機関は、運行時間もしっかり確認しておくことが大切です。大抵の場合は朝の5時から6時辺りに運行を開始するため、始発は特に問題ないでしょう。しかし、地域によっては、終電やバスの最終便時間が、夜の9時から10時頃の場合があります。また、電車の中には、終電が最寄り駅の手前で止まってしまうパターンもあります。終電や最終便を逃すと、タクシーを利用しなければならず、手痛い出費となってしまいます。そのようなことにならないために、終電や最終便の時間がなるべく遅いところを選んだ方が無難です。また、路線の本数も大事で、万が一1本逃したとしても、すぐ次に乗れる方が安心できるはずです。しかし、地域によっては1時間に1から2本程度しか走っていない交通機関もあるので、注意が必要です。

新札幌の賃貸物件は、家賃が安くて、道内の中心部や国際空港へのアクセスにも大変便利なので、海外からの移住者も多いです。