間取りで変わる家賃を確認

間取りが広いほど家賃は高め

家賃は部屋探しをする上で気になりやすいポイントですが、家賃が上下する要因のひとつが「間取り」です。部屋数が多く広い賃貸ほど家賃は高くなる傾向があり、それなりの広さを求める場合は、予算にも余裕をもって考えるようにした方が良いでしょう。もしも予算的に厳しいようなら、条件を緩くしてみるのも良いかもしれません。広さを求める理由次第では、それほど間取りは広くなくとも良いこともあるはずです。例えば荷物をたくさん置きたいという時でも、部屋数が少なくても収納にさえゆとりがあれば事足りたり、逆に物を減らせばそれで良かったりすることもあるのではないでしょうか。あまり間取りにばかりとらわれず、柔軟な考え方で無理なく契約できる部屋を見付け出しましょう。

築年数の古い物件を狙ってみる

どうしても広い間取りが必要という人は、築年数の古い物件にフォーカスしてみるのがおすすめです。新しい物件は家賃が高めで予算オーバーをしやすいですが、その点、古い物件は間取りの割に家賃がリーズナブルな場合が多く、予算内に収まる可能性も高まるでしょう。築年数が経過している場合でも、内装や設備がリフォームされてキレイになっていることもあるため、必ずしも古臭さを感じるとも限らないです。却って、コスパの良い物件として人気を集め、リフォームがされた古めの物件をあえて選ぶケースもあるほどです。

郊外ですとさらに安く済む場合もあります。駅近は古い物件でもなかなか家賃は下がらないですが、郊外ですと相場も安く、お値打ちな部屋が見付かりやすいです。ほかにも、一戸建ての賃貸をチェックするのもおすすめと言えます。借りられるのは集合住宅だけではないですし、一戸建ての方が広い上に家賃も安い場合がありますよ。